「届けない」は間違いではない?

Pocket

腕を伸ばしても蛇口に届かない。
おもわず子供は「届けない!」と言って、私は笑ってしまった。

だが、よくよく考えると子供は規則通りに言っていたことが分かった。

否定形には2種類ある。
例えば「歩く」「走る」「立つ」の否定形は

歩く⇒歩かない、歩けない
走る⇒走らない、走れない
立つ⇒立たない、立てない
ってなるよね。

前者、「動詞」+「a」「ない」だと「やろうと思えばできるけどあえて自分の意志でしない」
後者、「動詞」+「e」「ない」だと「やろうと思ってもできない」
というニュアンスが入っているよね。

じゃあ「届く」は?
上の例にあてはめると「届くことができない」のだから「届けない」となる。
子供は上記法則にそって言っていただけなのだ。
でも「届けない」が正しい日本語でないことは分かる。

この違いはなんだろう。
日本語を勉強中の外国人に聞かれたら・・・答えられんなー。
日本語は話せても、なぜそうなるか説明ができない。不思議だ。

子どもといると、こういう発見がおもしろい。
上の子がカタカナを勉強中のときに
”ス”を見て「”と”がひっくり返ってる!」って言ったのも印象に残ってるなー。
子どもってすごいよね。どこからそういう発想がでてくるのかな。おもろいわー。

 

Pocket

投稿者:

ゆう

地方の一軒家できままに暮らしているゆうたんの生活をお送りします。 3歳、6歳の子どもがいます。共働きで頑張っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です